高橋ゼミナールとは??

高橋ゼミナールとは、塾長 兼 講師の高橋昌男が大学卒業後に立ち上げた
補習・進学塾です。日進1丁目という場所を選んだのは、日進小・日進中
の生徒さんは当然のことながら、宮前小・宮前中・大宮西中・の生徒さん
にも便利な立地条件を考え、設立されました。大まかに高橋ゼミナールを
説明させていただきますと、当学習塾は道徳心を大切にした学習塾です。
そもそも学習塾にとって、学力を上げることは絶対的条件であり、当然、
努力を怠ってはならないことです。私は「学習塾は偏差値を上げるだけの
媒体なのだろうか?もっともっと、学習塾に出来る使命は存在するはずで
ある。」と考えていました。そのため、高橋ゼミナールは完全個別制を採
用していません。なぜなら、完全個別制は壁を挟んで授業をする状態なわ
けであり、人と人のコミュニケーションはゼロに等しいものがあります。
最近は学生の皆さんの姿勢が疑問視されています。その疑問視の中で最も
問題視されている項目は、マナーの崩壊です。授業中に立ち歩き、個々が
トークを展開してしまう。こうしたマナーは、完全個別制では学ぶことが
できないわけであり、私個人としましては、好ましいとは言い切れません
。また同時に、大人数の授業は展開しません。大人数の授業を展開してし
まうと、隅々まで授業が行き届かないという、学習塾の念頭が失われてし
まいます。その生徒側の要望と講師陣の要望によるチェック アンド バラ
ンスの均衡を守り、高橋ゼミナールは運営を行っていく次第であります。
しかし、チェックを過剰にするわけではありません。授業中に立ち歩いて
騒いでしまった場合、その生徒さんに「今、自分は何をするべきなのだろ
うか?」ということを導かせていく教育を考えています。叱りつけはしま
せん。大人が叱ることによって、その生徒さんは自分で考える力を無くし
てしまい、高校入学後、ましてや就職後に困る結果を招いてしまいます。
私個人的な意見ではありますが、高橋ゼミナールの意義は、周囲の人々に
対して優しい道徳心を持たせ、自分で考える力を養わせてあげる場所を提
供してあげられるような学習塾にしていきたいと思っています。その自分
で考える力・学ぼうと能動的になる行動は必ず勉強に対する達成感に結び
つき、成績に繋がるものと自負しています。      塾長 高橋昌男

home